家庭でできる運動【第2回】 「ナンバ歩きをしてみよう」

ご家庭で手軽にできるエクササイズや、“カラダ”についてのちょっとしたコラムをご紹介します。


exe02

「ナンバ歩き」とは「右足と右手を同時に前に出す歩き方」と言われます。 江戸時代までは右手・右足を同時に出す歩き方をしていましたが、 明治時代に軍隊式の行進の訓練をするようになって、日本人の歩き方は 右足と同時に左手を振り出す歩き方に変わったともいわれます。

急峻な山道を登るとき、右手を右足の腿に、左手を左足の腿に載せて歩くと楽になります。 そういう「難場」の歩き方からナンバ歩きといわれるようです。 つまり、右手・右足を同時にという歩き方ではなく、手を振らない歩き方といった方がいいでしょう。 能で腰に手を当ててすり足で歩く。あれが典型的なナンバ歩きです。

1日20分ほどのナンバ歩きを続けていると「脳が活性化される。アイデアがわいてくる」という報告が あるのです。皆さんも試してみてはいかがですか?

ナンバ歩きの方法(例として)

  • 首にタオルをかけて両端を握り、脇を固めて歩く
  • 両手を腿に添え、右足が着地する時右手で右腿を軽く叩き、リズムをとって歩く