家庭でできる運動<エクササイズコラム No.3> あなたの脚はどちらが短い?

ご家庭で手軽にできるエクササイズや、“カラダ”についてのちょっとしたコラムをご紹介します。


<エクササイズコラム No.3>

【あなたの脚はどちらが短い?】
1.両足をそろえて立ちます。さあ、どっちの足から上がりますか。
2.一歩上がる、そろえて、また上がる。
3.今度は下がります。一歩下がる、そろえて、また下がる。
4.どの組み合わせがやりやすかったですか?

colum06
階段は、短い脚から上がって、長い脚から下りるのが合理的です。
だから、右足上がり・左足下がりがやりやすい人は、右足が短い傾向にあり、右足が円の内側になる時計回りを得意な傾向があります。 差を感じない人や、日によって感じ方が変わる人は、左右のバランスが整っていると考えられます。
あるいは、感じる力が弱いだけかも知れません。

原田奈名子著 「からだほぐしを楽しもう」より引用