指導者になりたい方へ

考案した目的

棒を用いることで、安定して身体を動かすことができ、そのことで関節可動性を引き出し、効率よく筋力も柔軟性も向上できるという目的から考案しました。

〇棒びくす® は、2002年に考案され約20年の指導キャリアがあります。
〇棒コンディショニングメソッドは日々更新され、関節機能改善メソッド、認知症予防としてしっかりと構築されています。
〇2015年IDEAという世界的規模フィットネスコンベンションの舞台で世界に発信。
これからも棒びくすは、もっと多くの方々に、そして世界に広がっていきます。

対象者

〇子供から高齢者・介護・障害者まで幅広く対応できます。
〇腰、膝、足等に障害がある方も棒という支えがサポートします。

指導形態

〇1人、2人組、グループにも対応できます。
〇音楽に合わせる(on the beat)、BGM(off the beat)でもどちらでも可能です。
『手軽』に『楽しみ』ながら『声を出し』『笑い』ながらできるプログラムです。
〇有酸素運動・トレーニング・(バランス、瞬発力含む)・ストレッチング・レクレーション・リラクゼーション・筋膜リリースなど統合的にも部分的にもプログラムが組めます。
〇公民館、福祉施設、スポーツクラブ、病院、企業、学校運動会、部屋の片隅などでも展開できる弾力的なプログラムです。

棒コンディショニングメソッド養成コースについて

養成コースを修了・合格された方には認定マスタートレーナーのライセンスを授与させて頂いております。

本セミナーで得られること

〇解剖学が深く学べる
〇ニーズの高い関節機能改善メソッドを習得できる
〇立位だけでなく座位の指導もマスターできる 
〇加齢による身体の変化を深く学べる
〇現場で即活用できる
〇指導現場のフィールドを広げることができる
〇一生指導できるメソッドを習得できる。
〇指導力アップする
〇修了後は養成コースを何回でも無料で再受講できる 
〇養成コースの講師ができるスペシャリストにエントリーできる

養成コーススケジュールはこちら

このような方々にオススメです
  • 棒コンディショニングメソッドを極めてみたい
  • 本格的に地域貢献したい
  • 高齢者指導を極めたい
  • 仕事をもっと増やしたい
  • 教育的な仕事をしてみたい
  • 解剖学に自信を持ちたい
  • 自分に自信が持ちたい
  • 仲間を作りたい
よくある質問

どのようにしたらしどうできるようになるの?棒はどこで入手するの?などのFAQをご用意いたしました。

こちらのページからご参照ください。・・・よくあるご質問(FAQ)

PAGE TOP