関節を良好に保つ

棒コンディショニングメソッドのコンセプト

2002年に藤原葉子が棒びくす®という名称で棒コンディショニングメソッドプログラムの基礎を考案しました。
このメソッドの内容は、エビデンスも取れております。
常に内容はアップデートされ、構築されたメソッドになっております。


関節を良好に保メソッド

棒コンディショニングメソッドの特徴

上肢・下肢トレーニング ・ ストレッチ・ 体幹トレーニング・筋膜リリース・認知症予防

棒コンディショニングメソッドの運動効果のエビデンス

棒コンディショニングメソッドのあゆみ

安全


棒コンディショニングメソッドの棒は、伊勢神宮の柱にも使用されている東濃ひのきを使用しております。
上からの圧力に強く、象が乗っても折れないと言われる程耐久性に優れております。
それでいて軽量のため、筋力に自信のない方、高齢者の方が持っても肩に負担がありません。
そして、鉄の棒と違い例え落としても安全です。
また、木の棒は、鉄の棒と違い血圧が上がりにくいというデーターがあり、介護施設の手すりが木の素材であるように、棒を握りしめても血圧の上昇を押さえ安心です。
転倒予防や筋力強化、バランス運動として行う片足立ちも、支えがあることで脚力が自信のない方も足・膝、股関節、腰に不安のある方も、安心して安全にトレーニングを行えます。

簡単


運動経験のない方も、高齢者の方も、棒という支えがあることで簡単にフォームを取りやすくストレッチが出来たり、トレーニングを行いやすいです。
棒というツールがあることで、動きが明確に分かりやすく、姿勢の指標にもなる為姿勢改善や簡単に姿勢のチェックに気づきできます。

楽しい


棒びくすは、たった一本の棒ですが、多様性に非常に優れております。
押す・摩る・飛ばす・置く・引っ張る・挟む・転がす・認知予防・動的・静的バランス運動・ストレッチ・肩関節のトレーニング、足底・足指・下肢トレーニング・筋膜リリース・つぼ・瞬発力と非常に多様性のあります。レクレーションも出来る為、飽きることなく、気持ち良く、身体が楽しく,心地よくなれるプログラムです。

PAGE TOP