スペシャリスト認定コース

◆スペシャリスト資格認定コース 6 時間 × 2 日 間

次回開催日:2024年11月9日(土)、11月10日(日)

『 棒Conditioning Method 』を正しく伝えるため知識・講師としてのマナーを身に付け・信頼ある講師として『 やりがい 』を感じるスペシャリストにチャレンジしませんか?

自分も人も活かせる最も最強のスキルはリーダーシップだと考えております。
今までも、これから先も最も必要とされる人材はリーダーシップ人材です。

スペシャリストになると…

  • リーダーシップ技術を学べます。
  • リーダーシップを発揮できるチャンスが得られます。
  • 質の高い経験をより多く積むチャンスがあります。
  • 棒コンディショニングメソッドを広めるという共同体を通して、自身の潜在的可能性を高めることができます。

リーダーシップは、特別な人の能力ではありません。
最初の一歩を踏み出せるか?
行動できるか?
その分かれ道からすべてが決まると思っております。

スペシャリストになるベネフィット

  1. 講師としてのキャリアが積める
  2. 仕事の幅が広がる
  3. ワンランク上の知識を身につけることができる
  4. やりがいがもてる
  5. 仲間と研鑽が積める
  6. 協会主催のセミナーや、トレーナー養成コースの指導、協会運営に関わることができる。

スペシャリスト認定者の声

手嶋さん

同業種ですが、あまりご一緒することのなかった、他協会の優れた指導者の方々と、同じ目的の元、互いに高めあい、尊敬しあえる出会いができたことがとても大きいです。学び多き楽しいチームです

西山さん

スペシャリストとして養成コースを担当させて頂くと、毎回が基本動作や知識の確認になります。
誰しも自己流に流れがちですが、受講者と共に初心に帰り、大事なことを思い出させてくれる貴重な学びの機会です。

奥山さん

棒コンディショニングメソッドの素晴らしさ、そして高齢化社会の日本において運動を必要とする人達にはとても有効なメソッドだと感じております。
しかし私自身が直接ご指導できる地域、人数はたかが知れています。より多くの方にこのメソッドを伝える為には一緒に広めるより多くの仲間(指導者)が必要。そう思いスペシャリストとなりました。
現在養成コースを卒業され、仲間(指導者)が増えていくことにスペシャリストとしてのやりがいを感じております。
また常にアップデートされた新しい内容に触れられ、講師としてアウトプットする事でより理解度を深める事が出来ます。

山田さん

私は2022年のスペシャリスト認定コースを受講しました。
受講して良かった点は、改めて協会理念や行動理念を確認し、マスターコースの復習も行えその中で『分かりやすく伝える』プレゼンテーションテクニックワークが際立ちました。
同期との繋がりが深まり、のちに先輩スペシャリストと協力して、人財を育成させていただきながら、自身の学びを得る絶好のチャンスとなっています!

松本さん

棒があるだけで、安心、安全、こんなに簡単❗運動なんて縁がないわ、と言う方にこそ 体を動かす気持ち良さを体験して頂きたい。
気持ちいい❤の声が聞きたくて一人でも多くの方に棒びくすをお伝えしていきたいと思います。

 

スペシャリストへのエントリー条件

  • マスタートレーナーの資格保持者である。
  • 棒のすばらしさを理解し、棒の将来性を信じ、今後棒を使って仕事し、世に広め貢献していくことにコミットしている人。
  • そのうえで、協会やスペシャリストの方々と協力し活動したい意思のある人。
  • お互いに信頼し合い、密にコミュニケーションが取れる方

研修内容

  1. 姿勢観察力とプログラミング
  2. 動作スキルアップ
  3. 棒メソッドを極める
  4. 講師としてのマナー
  5. 講師としてのプレゼンテーション
  6. 講師としてのコメント法

申し込みについて

2002年に考案された棒Conditioning Methodは、2024年で22 年を迎えます 。
皆様もご周知のとおり、Methodは常に進化し続けております。その一環として5年程前から、木のぬくもり・広範囲に触れることができる棒の長さ・支えとして安心感のある檜の耐久性・丸いゴムという専用棒の特徴を活かし、筋膜・靭帯・筋肉の繋がりから、 『 からだが変わる 』メソッドが生まれております。

そのハイクオリティーな『 棒Conditioning Method 』を正しく伝えるため知識・講師としてのマナーを身に付け・信頼ある講師として『 やりがい 』を感じるスペシャリストにチャレンジしませんか?

お申し込みについては後日ご案内致します。

PAGE TOP